中学受験の勉強をしない子供のやる気を引き出す方法

息子や娘を高校や大学の受験で苦労させたくない、という気持ちからあえて中学受験を勧めている人も多いことでしょう。
しかし、そんな親の気持ちを知ってか知らずか、まったく勉強しないお子さんもいます。

そうした状態にある子をどうやってやる気にするのかという事が第一の関門となります。
そのような場合、ただ進学塾に入れたり家庭教師をつけたりするだけでは逆効果になってしまう可能性もあります。

まずは受験する理由や、その学校に進学する目的を子供にしっかり話し本人に理解させて意欲を持たせることが、合格するために力をつける第一歩となるのです。

自分自身で勉強することのメリットが分からなければ、積極的に向き合える状況にはなりません。
まずは家で子供と一緒に話し合う事を優先させてみましょう。

評価
また、学校や塾の先生に勉強を任せきりにしてしまうのではなく、親も学校選びの段階からきちんとかかわっていく姿勢が大切です。
家庭においてもテストの成績を見て評価するだけではなく、どこを間違えたのかを詳しく見てどうすればいいのか対策を考えていきましょう。

いろいろな情報を参考にしつつ、子供と相談しながら今後の勉強法や取るべき対策を考えていくのもよいです。
目標に向かってコミュニケーションを密にしておくという事も、受験を乗り切り志望校に合格するために必要なポイントでもあります。
また試験勉強がうまくいかない、友達とくらべて偏差値が上がらない、といった状況から劣等感や焦り、いらだちも出てくるものです。

まだ小学生なわけですから子供たちの中には遊びたい欲求もあり、気持ちをうまくコントロールできずに悩みを抱えてしまうこともあります。
集中力がなくなって家庭学習に身が入らなくなることもあるでしょう。

その時に子供の不安を受け止めて、希望を持たせるように誘導していくことも必要です。
できないことを注目するのではなく、できたことを褒めてあげると前向きになりやすいでしょう。

中学受験の裏ワザなんてありません。
毎日の努力の積み重ねが大切です。
毎日規則正しい生活リズムや学習環境を整えたり、体調面を気遣うだけでなく、心の面でのサポートも保護者の大切な役割となってきます。
受験を成功させるには、子供自身の努力や塾通いだけに頼るのではなく、親や兄弟はじめ家族の協力が不可欠です。